爆速まとめYouTube

このまとめブログ「爆速まとめYouTube」は、YouTuberやVTuberの話題や、YouTube動画などの役立つ情報や面白い情報を集めた2chまとめブログです。

    YouTube

    1: 以下、爆速まとめYouTubeがお送りします ID:gEWvp4SM0
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    ユーチューブ、危険な悪ふざけ動画の禁止規定を明確化
    1/16(水) 20:37配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000037-jij_afp-int

    コンピューター画面に映し出される動画投稿サイト「ユーチューブ」のロゴ(2018年3月23日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
    【AFP=時事】動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」は15日、洗濯せっけんを食べたり、目隠しをした状態で運転したりするといった危険な悪ふざけ動画を禁止する規定を明確化した。
    視聴者がこうした動画によって、自分も危険な「チャレンジ」をする様子を自撮りしようと駆り立てられているためだ。

     ユーチューブはすでに、重大な危害を招くような危険行為に視聴者を駆り立てるコンテンツを禁止していた。

     規定の更新については、洗濯用洗剤「タイドポッド(Tide Pods)」を食べる「タイドポッド・チャレンジ」や、引火性液体を体に塗って点火する「ファイヤーチャレンジ」など死因になりかねない、またはすでに死を招いているチャレンジを、サイトから排除することを明確にするものだと発表した。

     これは「有害で危険なコンテンツを禁じるという弊社の方針をさらに拡大し、深刻な身体的損傷を招く恐れがある悪ふざけにも適用することを明確にした」ものだと説明。他のソーシャルネットワーク同様、問題のあるコンテンツ対策を強化している姿勢を示した。

     今回の規定明確化により、人をだまして強盗のふりをしたり、走行中の車から発砲するふりをしたりする「どっきり系」の悪ふざけも禁止の対象となった。

     ユーチューブは、米人気テレビ司会者ジミー・キンメル(Jimmy Kimmel)氏の「ひどいクリスマスプレゼント(Terrible Christmas Presents)」や、水入りのペットボトルを投げて立たせる
    「ボトルフリップチャレンジ」など、サイト内の多くのいたずらやチャレンジは人々に愛され流行していると述べた上で、「冗談が一線を越えて害や危険をもたらすことがないよう常に確認する方針をとっている」と強調した。【翻訳編集】 AFPBB News
    no title
    【【YouTubeまとめ】YouTube「今後○○チャレンジ動画は排除する」しまじろうピンチか? 】の続きを読む

    1: 以下、爆速まとめYouTubeがお送りします
    昔FUJIWARAの二人がモー娘。のライブに行った時にオタク達が「萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え~」って四方八方で叫び合ってたって言ってたけどこれどんな状況なん?w
    no title
    【【YouTubeまとめ】YouTubeでモー娘。の勉強しまくってるが分からないから教えてくれ 】の続きを読む

    1: 以下、爆速まとめYouTubeがお送りします ID:eRzkV6Ds0
    一同ってだれや
    【【YouTubeまとめ】YouTubeの文字動画「○○が激怒した理由に一同驚愕!!」←これ 】の続きを読む

    1: 以下、爆速まとめYouTubeがお送りします ID:7nQB9oJt0
    フォートナイトきらいになりそう
    no title
    【【YouTubeまとめ】YouTubeの広告ってあれもう半分アンチだろ 】の続きを読む

    1: 以下、爆速まとめYouTubeがお送りします ID:uRVFPbEDa
    軍、日レーダー映像公開に対抗... 「反論映像」制作

    早ければ今日のYouTubeのアカウント発行するよう

    ムンデヒョン記者=「韓日レーダー」葛藤と関連日本が英語版動画まで配布し、各を立てよう、政府がこれに対応するビデオ制作に着手した。

    国防部当局者は31日、「動画を再生して、私たち軍関係者が内容に反論するように映像を制作中」とし「国防部ユーチューブアカウントに掲載する予定だ」と明らかにした。

    国防部は、早ければ今日中に製作を終えて「反論映像」をYouTubeに上げるとみられる。

    先に日本の防衛省は28日、ホームページを通じて「韓国海軍艦艇による射撃統制レーダー調査事案」というタイトルの13分8秒分量の映像を公開した。

    特に日本語版と英語版の動画も一緒に制作してYouTubeに上げ、これをTwitterやFacebookなどのSNSを促進するまでした。

    この映像では、日本側は英語で「韓国海軍の艦艇が火器管制レーダーで海上自衛隊哨戒機を調査している(an ROK naval vessel directing its fire-control radar at an MSDF patrol aircraft)」と主張した。

    国防部はこれにすぐに対応していなかったが、映像公開四日目の基準でヒットが50万を突破するなど、波及力がますます大きくなると、誤った情報の拡散を防ぐための対応に乗り出したとみられる。

    この当局者は「日本側が英文でまでの動画を公開して、私たちの側でも事実を明らかにする必要があると判断した」と語った。

    日本側が公開した映像資料は、単に日本の哨戒機が海上で旋回する場面などが、含まれていて、常識的な側面から追跡レーダーを調査したという証拠として見ることができないというのが政府の立場である。

    ニュース1 2018-12-31 20:46
    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.nate.com/view/20181231n28777&xid=17259,15700021,15700124,15700186,15700190,15700201,15700237,15700242,15700248&usg=ALkJrhinjZuuqC89g-PvE7bQeN4QWNjirg
    【【YouTubeまとめ】レーダー照射問題で某国、反論映像を制作 早ければ今日中にYouTubeへアップして対抗 】の続きを読む

    このページのトップヘ